2019.04.27 Saturday

■保護猫「小和(こより)」のこれまでの経緯

−**−**−**−



4.25 18:30頃
友人SよりLINE電話あり。

S宅付近のスーパーにて猫を保護した、との相談でした


その猫は寒さからなのか、スーパーの中に入ろうとしては
中学生くらいの女の子に首根っこを掴まれて外に出される、を繰り返していたらしい

友人Sは、一度は見なかったことにしたのだが・・・
※S宅には既に4匹のねこがいる
保護するのには無理があるのは当たり前の事だとあたしも思う

夕方の客が多い時間帯だし、人馴れしているその猫をそこに放っておけば
車に轢かれるかもしれない…と、勇気を出して連れ帰ってくれました

ただ現実問題として、初期治療の施されていない猫を自宅の中に入れることも出来ず(あたしでもそれは出来ない)、、、相談を受けました

仔猫のように小さいが、もしかすると成猫かも?との事

考えた…考えた…!!

乳のみ仔猫でないならなんとかなる!

どうする、謝謝よ!



まずは保護場所

よし!腹を決めた!
父ちゃんの工場(自営業)の事務所ならストーブもあるしなんとかなるっ!
友人Sは「保護に関わる一切の費用は(医療費含め)全部出す!」との心強い言葉!

『うちに連れておいで!』


あたしとSとで自宅にある使えるものを持ち寄り、
足りないものは買い足して工場へGO!←笑





初対面の猫は確かに小さく、仔猫とも痩せて小さな成猫とも見える

どちらにせよ背骨が浮き出ていて空腹は間違いないので
すぐにフードを差し出すと勢いよく食べてくれた
食欲が見止められほっとした瞬間です

決して経験があるわけではないが、いろんな猫を見てきた1年だったので
顔をみた感じ、1歳くらいの若い猫というよりは仔猫にしか見えなかった

全体の体の大きさよりも、顔の作りが…うまく説明できないんだけど
鼻の小ささ?やっぱ説明できないww
きっと仔猫だろうと思った





膝をたたいて「おいで」というと膝にのるし、ごっちんすりすりしてくれるから
この子は人間の手を知っている飼い猫なのでは?と思い、
Lifeの先輩の助言をいただき、友人Sと話して、まずは警察と保健所に電話し、
飼い主さんが探していないかの確認をしようと。

そして保護した近隣に「迷い猫」のポスターを貼って、飼い主さんが現れるのを待とうと決めた。


とにかく猫が父ちゃんの工場(以下・「工場」)で落ち着いたのを確認しSと解散した

その夜、Twitterに飼い主さんに呼びかける記事をUPし、
Lifeの本拠地が保護場所と近いこともあり、LifeのグループLINEに成り行きを報告したら
さすがはLife、有益な情報を得ることが出来た

「猫に呼び名を」と、友人Sと2人でこの子に
『小和(こより)』と仮の名前をつけました




ぼんぼりシッポ(//∇//)


次の朝(4.26)、AM5:00に工場へお世話に行ったとき、小和の様子に違和感があった
どうやら前足が痛いような歩き方をしている

抱っこして前足を確認すると、左側の肉球すべてにかさぶたがあり、
人間で言う手のひらの部分の肉球は真ん中がえぐれたようになっている
大きなかさぶたがとれたのかしら…



いつもこのように左前足を浮かせている
痛いのだろう…

左ほどではないが、右前足にもわずかにかさぶたを発見


初期治療ももちろんだが、この足の様子もだし
この子はメスなので、時期的に妊娠の有無や避妊手術も出来るだけ急いでやらなくてはいけないが、
なんにせよ、飼い主がいるのなら、飼い主の承諾なしには何も出来ない

GWに突入してしまうし、早いこと小和の所在を明確にしなくては!

そこでLifeより得た情報から、もしかしたら飼い主が判明したかも?ということになったので
事情をよく知る保護活動の大先輩・レジェンドとコンタクトを取った

レジェンドの話
↓↓↓

レジェンド宅近く(保護場所も近い)の公園にて、無造作に置かれたダンボールから猫が出てきた
ダンボールには砂が入っており(猫トイレ用ではない)、猫はヒモに繋がれていた様子

黒白の小さなメス猫で足に怪我があるようだし、保護しようと猫を捕まえたところで
「うちの猫です」と声を掛けてきた女性が。

なぜ外に?手術はしたのか?
などレジェンドの問いかけに無言の女性はその後
「猫はもういらないから連れて行っていい」と言ったという

そんな無責任なことがあるのか?次の飼い主はさがしているのか?
の問いに
「探そうとしていたところだ」との事で、猫はそちらに置いてきた


↑↑↑


ここまで聞けば、その猫が小和であることはほぼ間違いない
でも小和がスーパー前でうろうろしていたとなると、その女性はレジェンドの助言はおろか
自分で言った「次の飼い主探し」をする気もなく小和を捨てたのだろう、と推測できる
足の怪我にも気がついていないようだったらしい

女性は、昨年(2018)の8月にどこからか小和を譲り受けた、と話したようだ
どこからもらってきたのか、猫を飼う知識も無いもの同士のやり取りだったのだろうと思います



↑ソファで横になったあたしの足に乗りかかってうたた寝する小和


そこまでわかればもう大丈夫!
可愛い可愛い小和にはもう、明るい未来しか待っていない!

レジェンドに無理を聞いてもらい、
あたしも本業を抜けさせてもらい、
レジェンドに同行してもらいそのお宅を訪問

ただ、もう一度あたしの耳で
「猫はいりません」の一言がきければそれでいい

レジェンドに確認してもらうため小和を同伴



「やさしい首輪」でおしゃれして…いざ!出陣っ!!




結果、あっけないほど簡単に欲しい一言がいただけて
晴れて小和は友人であり保護主Sの保護猫となりました✩˚。⋆¥( º∀º )/⋆。˚✩


Sはすぐに動物病院に予約をいれてくれたので、GW中に初期治療のみならず
抗体検査、避妊手術、ワクチンまでできることになりました!!

小和にはいきなりで負担が大きいかもしれないけど
幸せな飼い猫になる第1歩として頑張ってもらいたいと思うと同時に、
こちらも栄養価の高い良質なフードと日々の愛情あるお世話をしながら
小和を一生大切に!大切に!大切にしてくださる新しい家族探しをしたいと思っています


小和は、保護主Sと謝謝の個人で保護していますので
譲渡も個人間のやりとりになります

正直、Lifeさんよりもしつこくうるさいことを言うかもしれませんが…笑
小和を家族に、と真剣に考えてくださる方からのご連絡をお待ちしております!

bmoopy27@yahoo.co.jp
↑メールはこちらから



−**−**−



今は亡き愛犬のカールと17年一緒に過ごした父ちゃんの工場で



愛おしい小和の後姿を眺めながら思い出に浸るAM5:30…





あっ、こっちに来た(^m^*)



あたしは普段、Lifeさんのお手伝いをさせていただいていますが
今回の「小和」に関してはLifeの保護猫ではなく、
あくまで保護主Sとの個人での保護です。
この記事での発言の一切は謝謝個人の責任で掲載させていただいております。








↓ランキングに参加しています
 ぽちっと応援してくれると、謝謝のやる気があがるのです!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ




−**−**−**−

2018.07.02 Monday

■「しま」「たま」顛末

−**−**−**−



7.1(日)、Life〜kushiro〜さん主催の猫の譲渡会、
無事に終了しました。

ことの詳細についてはLife〜kushiro〜
さんのブログにてご確認ください(*´꒳`*)


あたしの会社で産まれ保護した「しま」「たま」に関しては、たくさんの方にご心配いただきました。
本当にありがとうございます!




結果からいいますと、
フタリ一緒ではありませんが、
それぞれに願ってもいない良縁がつきました!


まず「しま」アメショ柄の女の子



雑誌の表紙に選ばれてもおかしくない、将来有望な美猫です

この子は特に、うちの乙女ときょうだいのしるべすたによく似ています
(乙女は美猫ではないのに何故かとても似てるww)


譲渡会よりもっと早いうちにこの子だけ、ご縁が決まりました
写真をみて、運命を感じてくださったようで
譲渡会があった7.1の夜、すでに新しいおうちへと巣立っていきました

おっとりしたとても可愛らしい子なので
たくさん甘えて、飼い主さんにとってかけがえのない子になること間違いなしです



そして「たま」男の子



日曜に巣立つ「しま」とのお別れ、
そしてうちの母に会わせたかった「たま」
Life代表さんにわがままを聞いていただき、
土曜日の午後、2時間程度ですがあたしの家に招待させてもらいました


たまの小ささ、性格などをみて
引き取る時期や乙女との隔離方法などを話し合い
母のパートが休みに入る7月後半までは募集を続けていただきたい
と、心を決め、一旦お返しする形となりました。

母は、ひとりになったあとのたまを思い、
引き取る決意をしてくれたのです。

しかし、たまが来ることでかかる負担は
すべて乙女のことだけ。
乙女が受け入れてくれるのか、それだけが心配だし
乙女の気持ちを考えると心が張り裂けそうだと母は言いました。



しまたまが滞在したのはたったの2時間、
乙女は離れたところから監視をつづけ、ちょっとでも近づこうとしようものなら
シャーーーー!と威嚇しつづけました。
その後は部屋から一歩も出てこず、あたしが様子を見に行くと
力なく「にゃぁ〜・・・」と鳴くのです

たまを迎えたあと、乙女は状況に慣れるまでどのくらいかかるだろうか
この世で一番乙女が大事、と口では言いながら
この子に一番残酷なことを強いる結果となるのではないだろうか

乙女にとって一番酷なのは、
あたしが「乙女だけのあたしではなくなること」なのは
みんながわかっていることなのに

しかし、あたしの中でしまとたまもまた、
あたしの子なのだ

本音を言えば、どちらとも誰にも渡したくないし
お世話だって、、可能であればあたしがしたかった

こと「たま」に関しては、
しるべすたが帰ってきたの?って思っていたし
偶然にも、しるべすたが帰ってきたときのために考えていた名前、
「たま」と1文字違いだったのです

預かりお母さんがフタリをこんなに可愛く育ててくれた
もうこれ以上、ご厚意に甘えるわけにはいかない

乙女とたまのためにも早く決断することが一番だ、と考えていました





そして、譲渡会終了の時間を過ぎてから
たまをうちに、と言ってくださったご家族が現れたのです!!

見ただけでわかる、このお宅なら間違いない!という
これ以上ないご縁です!

たまは新しい、ずっとの家族を手に入れました

たまの運命は ちゃんと繋がっていたのだ





「フタリ一緒」
にこだわる必要はなかった







この子達は、もう
「ノラ猫が産んだかわいそうな病気の仔猫」
ではない

あたしにとっての「乙女」のように
だれかにとっての大事な「家族」になるのだ

たった一ヶ月程度でしたが、確かにあたしの子だったこの子達のはなむけに
小さな小さな首輪、プレゼントしました

Lifeのみなさんが繋いでくれた命、
しっかりと新しいご家族にバトンを渡すことができました

Lifeのみなさん、本当にありがとうございます!


さあ、あとはこの子達の残りのきょうだい2匹と母猫。

なんとか頑張って探し続けてきたいと思います!




−**−**−**−




↓ランキングに参加しています
 ぽちっと応援してくれると、謝謝のやる気があがるのです!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ


↓Life〜kushiso〜への物資のご支援はこちらからo(^▽^)o







−**−**−**−



2018.01.13 Saturday

■石川県・七尾市の猫さんを探しています!!

-**-**-**-



Twitterでいつも仲良くしてくださっている
ゆーきちさんの会社のみなさんがとてもとても可愛がっている
飼い主のいない外猫・『シロさん』














このようにみなさんのアイドル猫さんなのです。





昨年末、冬本番前により
室内に慣れるためにみなさんでハウスを作ったりしていたのですが





クリスマス前に行方不明になってしまわれています

北陸方面、昨日より大雪が降って
シロさんの行方が一層心配です

昨年末より他のフォロワーさんたちにより、










多くの方に拡散していただき、
シロさんの目撃情報を待っている最中です

もし、この記事をご覧になって、
この特徴的な柄の『シロさん』みたよ!って方がいらっしゃいましたら
こちらのコメント欄でかまいませんので
何卒情報をお寄せください!!

Twitterの記事は、クリックすると詳細がご覧いただけます

たくさんの方に可愛がられていた『シロさん』なので
きっとどなたか、心ある方にごはんをいただいているのでは?と思います

もし、『シロさん』がお宅の庭などに出没していたりしたら
どうか、どうか!!居場所を与えてあげてください!
追い払わないでください!

捕まえてくださらなくてもいいですし、
おいしいごはんをあげて欲しい、ともいいません。

その場にそのままいられるように、そっとして置いてあげて欲しいのです。
そして、ご連絡いただければ、と
重ねてお願いもうしあげます!!


H30.1.13

謝謝


−**−**−**−




2017.03.13 Monday

■ねこはねこを呼ぶのだ。

−**−**−**−





カール(犬)を飼っていたとき、
犬グッズが欲しい、と
一度も思ったことがなかったのですが。


乙女がうちの子になってから、
猫グッズが増えたような気がします。


母なんか、
乙女に触らせてもらえないどころか
「やっぱりカールがいい。。。」とか
「絶対 犬派!」とか強がりを言いながら
野良猫写真家さんのクリアホルダーを買っていた。笑
「今すごく可愛いから写真撮ってっ!」といって
自分のケータイをあたしに渡すのだちゅん

姉なんて、猫の刺繍がしてある靴下をプレゼントしてくれたし。


明らかに違うのは、
カールに関しては
「カールが好きなだけであって、よそん家の犬は別に」
と内心思っていた。
よその家の犬の話題すら 上がったこともなかった。
でも、猫のことはもっと気にしていなかった。


それが今はどうなの。


父でさえも
○○さんちのねこは こういうことするらしい、とか
母もパート先のひとんちのマンチカンは
シャンプーが好きらしい、とか
よく話題になるし、
TVの動物番組もよく観る様になった。

あたしも祖母の引越しのとき、
どーしてもセトモノの招き猫が気に入って捨てられずに
持ち帰ってきれいに拭いて飾ってある。
どうかすると、たまに見て ニヤけている。




ふたりとも、可愛いでしょ(//∇//)





友だちの家の3にゃんずもそれぞれ個性的ですっごく可愛いから
会いたいな〜といつも思うし、
会えばいつも お互いの猫のはなし^^

よそん家のねこまでも、
気になってしょーーーがないのである!




長女・ちゃまちゃんは友だちが独身時代に迎えたペルシャMIX
後姿が超理想的で、近づくと怒る女帝
下あごが出てるのがすごく可愛いんです!




次女・あずきちゃん
明るいオレンジ色にキジトラが混じったようなきれいなムギワラ柄の
より目が可愛いシャムMIX
友だちのおばあちゃんが保護し、貰い手さんも決まっていたが
重篤な状態のため、友だちが病院へ連れて行ったり
手厚く子育てしてしまったがために
手放せなくなってしまったママっ子ちゃん♪




末っ子・カンクロウちゃん
目がとっても大きくて顔の小さいキリっとしたサバ白・MIX
乙女とは違ってきれいなハチワレ君で、ジャケットを着たような柄!
自宅前にご丁寧にダンボールへ入れて置き猫された子
(捨て猫は違法ですよ怒りネコ
肉球を汗びっちゃりにして一緒に遊んでくれるんです♪

来週にまた会えるのが楽しみ(*´ω`*)!


ONE DAY SHOPのお客様とも よくねこの話で盛り上がります♪
「実はうちにねこがいまして。。。」
「うちもねこ、飼ってます!」
みたいな(^m^*)

ねこの飼い主さんによるブログも物凄くチェックし、
「うちも、うちも♪」と共感したり、
保護活動されてる方のブログを見ては
仕事中にこっそり涙。。なんてことはほぼ毎日。



そして先日、「あたしもとうとうここまできたか」
と思うことがありまして


ねこねこ横丁
←リンクあり
こちらで可愛らしいねこ漫画を読んでしまいました
(勤務中に)
最初から現在連載しているところまで読めるものもありますが
そうでないものもありまして。。。

全部読みたくなってしまって
楽天BOOKSでぽちっと やっちまいました〜(;´▽`A``

注文確定してから、もうひとつ
違う作家さんのも欲しくなってしまい、、、

カートに入れて 悩んでいる最中です:*:・( ̄▽ ̄)・:*:
(↑多分買う人ww)




年末に友だちが誕生日プレゼント、といって



こんなものをくれました〜(*´ω`*)

いままで、会社でキャラクターものやファンシーグッズなんて
置いたこともないし使ったこともなかったけど
すぐ自分のデスクに設置っ!
文具メーカーのシンプルなクリップ入れに比べて
確かに使い勝手は良くはないけど。。。
うぅ!可愛い!




違う友達は「乙女に♪」とおもちゃをくれたり。。。
本当にありがとう!!


うちに乙女が来ただけで、
こんなにもねこ関連が集まってくる(//∇//)

こ、これが巷の「ねこのみくす」か。。。
おそろしかっ!!



ねこ飼いの人へのプレゼントに迷ったら
ねこ関連商品だと絶対喜ばれますよ!

って お話でした(;´▽`A``




−**−**−




オーダーいただいたショルダーバッグ、
完成しました!
お届けのあと、UPします♪


ランキング参加中!


ぽちっとねo(^▽^)o


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ありがとうございました!



−**−**−**−

2016.07.02 Saturday

■乙女のママ 3

−**−**−**−




乙女のママ 1


乙女のママ 2



乙女のママにはあれ以来、

今現在も会えていません。

きっと るいちゃんを探してウロウロしているのでは?

と思って仕事の合間を見ては工場のほうに行っているのですが。。




自然の中での命の営みを

手術をしてしまうことによって

人間の手で規制をかけることに反対の方もいらっしゃることは分かります。


あたし個人の考えなので

理解を求めようとは思っていませんが

猫が好きな人・嫌いな人にも

知識として知ってほしくて今回の記事を書いています。




住み着かれたり、増え過ぎたり

邪魔にされる猫ならば、

増えないようにしてあげることも必要ではないでしょうか?









ママちゃんは

大切なしるべすたと乙女の母ですから

あたしにとって とてもとても特別な猫です。



危険な外で子育てしたり

空腹や寒さに耐えたり

病気になったりしないだろうか、と

心配は尽きませんが

あたしに出来ることで

ママちゃんの生涯が少しでもいいものになってくれればいいと

心から願って止みません。







ランキング参加中


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ




−**−**−**−

2016.06.30 Thursday

■乙女のママ 2

−**−**−**−




引き続き猫に関するちょっとヘビーなお話です。


心持ちに余裕のない方はスルーしてください。




−**−**−




空前のねこブーム、到来していますが

ねこの適正な飼い方は

・完全室内飼い

・不妊手術

・終生飼育

は当たり前のご時勢。


捨て猫は犯罪ですから、

犯罪者にならないためにも

上記は特に重要な飼い主のつとめです。



「可愛い」と「飼う」は別問題です。

えさ代、トイレの砂代、病院代もかかります。


諸々掛かるお金のほかに、

室内の配置換えをしたり、脱走防止策を考えたり

冬の寒さ・夏の暑さ対策をしたり

お留守番の心配や、ストレスを溜めないようたくさん遊んであげたり。。。

と、時間と愛情は山の如くかけられます。



ただ、今までどおりの生活、というわけにはいかなくなります。

しかしその分、かえってくるモノも大きいです。

だって物凄くかわいいですから!




不妊手術をせずに外に出すと、

不幸な命を増やすだけではなく

発情期の縄張り争いで怪我をし、感染症にかかるリスクがあります。


あなたのおうちの可愛いねこちゃんが

健康で長生きするために、

簡単ですぐに出来ることはたくさんあります。




−**−**−




猫を飼っている人なら「あるある」だと思いますが、

せっかく買ったえさを

においを嗅いだだけで「ふんっ」と一口も食べてくれない、

なんてことはよくあります。






乙女もかなりの偏食で、

食べてもらえなかったえさが結構あるのです。


ママちゃんや長毛ちゃんを捕まえるときに使おう、と

会社に持ち込んだりしていました。

もともと人間からごはんをもらっている子たちですし

乙女を捕獲したときも、しるべすたが残していったウェットフードを使いましたから

きっと大丈夫!。。。なはず。


計画としては、

ママちゃんはTNR(捕獲→不妊手術→元に戻す)をし、

長毛仔猫ちゃんは、生後2ヶ月できっと身悶え級の可愛さだろうから

なんとか人慣れさせて里親さんを探す、というのもアリかな?

と考えていました。



というのも、小さな仔猫を外に戻してしまうと

カラスの餌食になったり、交通事故にあったり、

ママちゃんと一緒にいると、発情期に入ったオス猫に殺される、

なんてことも考えられるからです。


そんな危険を考えると、長毛ちゃんに関しては

あまりゆっくりしていられないなぁ〜と思っていました。


会社の協力してくれそうな人に、

見かけたら教えて欲しい、とお願いし

胃をギリンギリンさせながらチャンスをうかがっていました。





−**−**−





土日が連休だった休み明けの月曜、

乙女が食べてくれなかったロイヤルカナンのウェットを持って出勤。


長毛ちびちゃんはきっと喜んで食べてくれるだろう♪

と思っていたのですが。。。




朝一番で工場へ行って戻ってきた部長が

なにやら口ごもっている。。。

「仔猫が。。。」






すべてあたしの初動の遅さが原因です。

長毛ちゃんは、休みの間に

カラスの餌食となってしまいました。






まだそのまま放置されていると聞き、すぐに行きました。

お腹は食い破られ、顔の周りはほとんど骨がむき出し

小さな歯が露出していました。

雨にさらされ横たわった長毛ちゃんを

すぐにきれいなタオルに包み、カラスが来ない場所へ。


怖かっただろうに。

痛かっただろうに。



ごめんね、ちびちゃん。



年甲斐もなく号泣しながら埋葬しました。




ひとりでやったから

あんまりきれいに出来なかったけど

自生して咲いていた花を持ってきて供えました。


早く生まれ変っておいでね。

そしてすぐにあたしのところにくるんだよ。



亡骸はぼろぼろすぎて性別も分からなかったけど

長毛ちびちゃん、と名前がないのは可哀相なので

オスメスどちらでもいいように

「るいちゃん」と名前をつけました。






去年の9月にしるべすたに出会ってから知っただけで、

今まで毎年、こんなことが工場の裏で起こってたんだろうと思います。


せっかく産まれて来たのに、

人知れずひっそりと短い生涯を終えたねこたち。

乙女だってたまたま運がよかっただけで

るいちゃんのようになっていても不思議じゃなかったんだ、と

改めて奇跡に感謝です。

保護できて本当に良かったです。


乙女は今だに同居家族の父・母にも体を触らせません。

どんなに楽しそうにおもちゃで遊んでもらっていても

距離が近くなるとぱっと離れて様子を見ます。

あたし以外にはスリスリもしないし、

両親どちらかが立ち上がって動き始めると

警戒してすぐに逃げられるような姿勢になります。


うちに来て7ヶ月になるというのにこんな状態ですが、

ここまで警戒心が強い子でなければ

きっと生き延びられなかったのでしょう。










その後、

乙女のママちゃんは姿を見せなくなってしまいました。


ママちゃんのTNR作戦はこれからも続けます。

しるべすたや るいちゃんのような
不幸な子はこれ以上増やしたくありません。


3に続く






ランキング参加中

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ




−**−**−**−


2016.06.27 Monday

■乙女のママ 1

−**−**−**−




今回はちょっとヘビーなお話です。

心持ちに余裕のない方はスルーしてください。




−**−**−




今年のGW明けころ、あたしの耳に恐れていた情報が入りました。



それは、乙女の(産みの)ママが

また仔猫を産んだという情報です。


「2匹くらい」という事で、実際は何匹産んだのかはわかりませんでした。


いつかはまた、必ず産むとは思っていましたが

実際聞いてしまうとだまっていられませんでした。



あたしの会社は敷地面積がとっても広いわりに

従業員がそれほど多くなく、閑散としている工場もあり、

こそっと猫が子育てするには落ち着くのかもしれません。

工場のすぐ裏にある住宅で猫にえさを与えている(目撃済み)ので

近辺の猫が集まっているようです。




あたしはいつも胸ポケットにちゅ〜る(猫のおやつ)をしのばせ、

目撃情報が入るたびに行ってみるのですが

なかなか会えずにいました。


子育てしているような猫は乙女のママしか確認できていないので

きっとメスはママちゃんだけなのでしょう。

それを考えると、乙女を保護できなかったら

きっと今頃乙女も子連れで工場をうろうろしていたことでしょう。

ぞっとします。




乙女△8月に1歳になります




ママちゃんが今年産んだ子は、トラ柄の長毛のふわふわの子だそうです。

というのも、まだあたしは確認出来ておらずなのです。


最近、ペルシャのようなきれいな長毛の成猫が確認されているので

きっとその子が父親なのでしょう。


そんなきれいな子が野良のわけがなく、

近所で飼われているが、去勢手術をせずに発情をむかえた為

家の外に出されたのだろうと予測します。

オス猫の発情はそれはそれは大変だと聞いています。

マーキングのスプレー尿、鳴き声に耐えかねたのでしょう。


と、これはあくまでも推測ですが

手術を受ければ済む、というだけのことなのに、と

憤りを感じずにはいられません。




それで、あたしの予定では、

そのえさを与えているお宅を訪問し

ママちゃんには飼い主がいるのかどうか確認し、

もしいないのであれば不妊手術を受けさせようと考えていました。


しかし、まだ乙女の手術も終わっていないので

ママちゃんもまだ子育ての最中だし、仔猫の性別も分からないので

乙女の手術が終わってから順に解決して行こう、と思っていました。


長毛の仔猫もそろそろ2ヶ月くらいになり活発になってきているので

見つけたら確保し、性別の確認をしたかったのですが

なかなか姿を見せてくれずに困っていました。





△悗弔鼎



ランキング参加中

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ



−**−**−**−



◆◆謝謝のminneページ

ブログリンク

楽天

−**−

乙女ツイッター

calendar

<< October 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

entry

comment

  • 商品ページ■『おめかし首輪』
    S子 (07/01)
  • 商品ページ■『おめかし首輪』
    謝謝 (06/29)
  • 商品ページ■『おめかし首輪』
    S子 (06/28)
  • 商品ページ■ファスナーポーチ
    S子 (06/09)
  • 商品ページ■ファスナーポーチ
    謝謝 (06/06)
  • 商品ページ■ファスナーポーチ
    S子 (06/06)
  • 夢風舎 企画展■4/25〜売り場が充実していますよ
    謝謝 (04/28)
  • 夢風舎 企画展■4/25〜売り場が充実していますよ
    momi (04/27)
  • 釧路初■わんにゃんマルシェ 開催要項!
    謝謝 (03/24)
  • 釧路初■わんにゃんマルシェ 開催要項!
    S子 (03/23)

category

archive

link

recommend

profile

other